マジックザギャザリング レビューを書けば送料当店負担 島のカード 最大79%OFFクーポン

マジックザギャザリング 島のカード

269円 マジックザギャザリング 島のカード おもちゃ・ホビー・グッズ トレーディングカード マジック:ザ・ギャザリング マジックザギャザリング 【レビューを書けば送料当店負担】 島のカード マジックザギャザリング 【レビューを書けば送料当店負担】 島のカード 島のカード,マジックザギャザリング,おもちゃ・ホビー・グッズ , トレーディングカード , マジック:ザ・ギャザリング,/diphycercy/lucky482378.html,269円,avatos.com 269円 マジックザギャザリング 島のカード おもちゃ・ホビー・グッズ トレーディングカード マジック:ザ・ギャザリング 島のカード,マジックザギャザリング,おもちゃ・ホビー・グッズ , トレーディングカード , マジック:ザ・ギャザリング,/diphycercy/lucky482378.html,269円,avatos.com

269円

マジックザギャザリング 島のカード

商品の状態やや傷や汚れあり
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域未定
発送までの日数1~2日で発送

マジックザギャザリング 島のカードです。 自宅保管のため数あり。 気になる方はご遠慮ください。

マジックザギャザリング 島のカード

キリスト教美術―スペイン・ロマネスクを中心に― AKIRA KATSUMINE

現役時代は商社マンでした。
その後スペイン・ロマネスクを究めるべく日々研鑽。
70歳代に『イスパニア・ロマネスク美術』(2008年)、
『神の美術ーイスパニア・ロマネスクの世界』(2011年)刊行。
11年超のヤフーブログからこちらへ引っ越しました。
2020年以降は本人の遺志を継いで、これまで書き溜められた原稿や講演録から随時更新していきます。(管理人)
古代ギリシャの数学者ピタゴラスおよびネオ・プラトン主義者聖アウグスティヌスは、数とか幾何学的形は相関関係をもち、宇宙を律する基礎だと考えました。

数は宇宙と調和し、人間と聖性を律する力を持つものでした。

聖アウグスティヌスは数学が人間の知識の基本であるとし、その象徴的意味に価値を認めました。



*数の象徴に関する見解は様々ですが、ここでは標準的な解釈を紹介します。

________________________

数_ 神の創造の最初にして不変の単位であり、万物の生成の原初principio、絶対absolutoの象徴である。


数_ 二元性dualidad、両義性ambivalenciaを意味し、紛争をもたらす数である。


数_ 三位一体、主祭室の三連窓、聖堂玄関の三つの扉など。


数_ 四角いことから、地、物質的なもの、狂言されたもの、変化するものを象徴。


数_ キリストの5つの傷を象徴。


数_ 地4と天3の合計、つまり天地創造の意。
    黙示録にはしばしば7なる数が出現する、
              7つの教会、野獣の7つの角、神の怒りの7つの杯、7本のアーチ。




「第7の封印の沈黙」
『ベアトゥス黙示録註解 ファクンドス写本』(岩波書店、1998より)

子羊が第7の封印を開いたとき、天は半時間ほど沈黙につつまれた、
そして、わたしは7人の天使が神の前に立っているのを見た。
彼らには7つのラッパが与えられた。



数_ 復活、洗礼の象徴。洗礼堂は8角形。


数_12 宇宙の秩序、12ヶ月、十二使徒たち、黄道の12の徴、
    イスラエルの12種族、天なるエルサレムの12扉。





 

 
”Los manuscritos españoles"   (Funsación germán sánchez ruipérez,1993より)

「天上のエルサレム」
『ベアトス注釈書』サン・ミゲール・エスカラーダ、10世紀中頃

新しいエルサレムには高い城壁と12の門があり、12人の天使が警護している。
またイスラエルの12部族の名前が刻まれている。


__________________________


このように、数の象徴的表象はロマネスク美術のいたるところに知覚されるので、象徴的意味を理解することはとても重要なこととなります。


 (勝峰昭 執筆:2014年11月1日)


【お知らせ】


勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 






 ____________________


(次回2022.10.22更新予定)



________________________________________





_______________________ 
 
象徴とはなにかー

本来関わり合いのない二つのもの、具体的なものと抽象的なものを何らかの類似性をもとに関連づけることです。
たとえば、白色を純潔、黒色を哀しみなど。

または、あるものをそれとは別のものを代わりに示すことによって、間接的に表現し、知らしめるという方法があります。
魚あるいは羊などはキリストの象徴です。

ロマネスク美術において象徴という概念を取り上げ理解することは、単に我々の理性能力を通じてのみできることではなく、形而上的本質すなわち神の存在を是認し高い直観力が求められます。
 

・・・・・・・・・・・・・・




写真は、学研の『大系世界の美術シリーズのNo.11 ロマネスク美術』(1972年7月31日発行)のカバーです。
大判で(290x350x50mm)4章構成となっています。

第1章 天の像
第2章 地の像
第3章 神の家
第4章 素材・機能・造形

冒頭の総説「象徴芸術の大時代」から柳宗玄先生の言葉を一部抜粋します。

「聖堂を建てる場合、どのような原理に基づいてその形が決定されるか。
 聖堂は単なる信徒の集会所ではない。それは何よりも神の家なのである。」

「聖堂は宇宙を象徴すると同時にまた人間ーそして完全なる人間としてのキリストーを象徴するということも中世の神学者の説くところである。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


西欧中世時代は、物質性の本質は客観的に付与されたものではなく、その形は自然から乖離し、目に見えない本質観想へと誘われます。

ロマネスク時代は写実を忌避する芸術手法となり、人間の理性的造形に重点がおかれました。

それは、平面において、正方形、長方形、円、半円であり、
三次元においては角柱、正六面体、球体、円筒形などです。

円(円筒や球体を含め)は、天を象徴します。

太陽、北極星を中心にした円環移動などの天空、これに加え聖なるもの、霊的なものを象徴します。


正方形および長方形は、制限的で、非躍動的であり、固定的、停滞、静的であることから、地を象徴します。

これを演繹すれば創造されたもの、物理的世界、人間の身体などとなります。

これら二つの概念はそれぞれ中心をもち、相関性を否定できません。


(勝峰昭 執筆:2014年11月1日)






  『講談社版世界美術 ロマネスク・ゴシック』(1966.12.25)より





【お知らせ】


勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 






 ____________________


(次回2022.10.12更新予定)





_______________________ 
 

≪美術館のガラスの中に能面「痩男」が展示されている。重要文化財である。江戸時代の名匠が作った作品らしい。ところどころ塗装がはげ落ち、細かなヒビ割れも見える…中略…能面が朽ちて薄汚れて見えるのは、それが美術館にあるからだそうだ。≫(日経新聞(H.25.5.26付)春秋欄)

美術館にあるものではなく、実は使い続けている能面は衰えないといいます。

歴代の能楽師がこの名品「痩男」で舞ったきたそのものは、息や汗、あぶら、想念、また時空を越えて無数の人間の視線が能面に突き刺さっていて、できたての新品のように生きているというのです。



スペインで田舎道を車でのろのろめぐっていると、かつてのロマネスク聖堂や修道院が廃墟と化して無残な姿を留めていることがあります。

車を止めて茂みを分け入り倒壊した建物の間に暫く佇んでいると、在りし日の造形がまざまざと眼前に浮かび上がりそれは至福の時となります。

「遺跡」は何故魅力的なのかと問われて、「それはそこに人々が住んでいたからだ」と答えた哲学者がいました。

ロマネスクの場合は「そこには、神を求める人たちがいたからだ」ということになるでしょう。





造形をもつもの、それはそこにあり続けると、人為的であろうと、偶発的、時の経過、あるいは自然の作用などの要因で、どうしても損耗して衰えていくものです。



   写真は2枚とも ‟Románico” número20 (2015) より


能面のように木箱に収納して風雨にさらすこともなく使い続けるというものではないから、ロマネスクの美術作品も周期的に保全措置、修復を講じなければなりません。


スペインは文化省のもと、数多くの美術品(建造物、絵画、事物など)を現在も鋭意、修復や保全措置がとられていますが、まだSOS状態のものも相当数あります。

距離を隔てても、我が国からもせめて熱い視線をスペイン・ロマネスク美術に注ぎ続けていきたいものです。

そうすれば能面「痩男」のように、時の流れにいくぶんでも抗えるかもしれません。



(勝峰昭 執筆:2014年5月1日)




 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 


勝峰 昭
光陽出版社
2011-09T




 ____________________


(次回2022.10.02更新予定)

_______________________ 
 

フランスの大聖堂を数カ所巡ったときのこと、シャルトル大聖堂の玄関傍の何本かの脇柱に、頭と脚を同時に上下に引っ張られたように長く伸びきった聖人の石像が円柱の中心に貼り付けられていたのがとても印象に残りました。 



  シャルトルのノートルダム大聖堂 ©KKT


もちろんロマネスク彫刻は、人体の比例配分や均衡などに拘泥しません。

細長い円柱の表面を空白にするのを嫌って、工夫したのです。


イスパニアの地ナバラのサングエサの街道に面したラ・レアル聖母教会の玄関脇柱に、シャルトルと同じ手法で制作された三人のマリア像が、やや細めの円柱に張り付けられています。

これは間違いなくシャルトルから伝播されたものでしょう。



 サンタ・マリア・ラ・レアル教会 (Guía del Románicoより)



こういった人像は当然のことながら浅浮彫とはいわず、三次元に近い深浮彫です。

また円柱と人造を一本の大きな同じ石から同時に彫りあげたものではなく、人像を貼り付けたもので正しくロマネスク彫刻の一つの造形です。


先日神田の古書市でH.リード著、宇佐美英治訳『彫刻とはなにか』(日貿出版社、1980年初版)を買い求めました。

この方の翻訳は秀逸で読みやすい。
 

その中に興味深い話が載っていたので、私なりに消化して少々お話ししましょう:

リードは「ロマネスクの聖堂の独自性は、具象的な彫刻と幾何学的なハーモニーを もった無装飾な壁の表面との間に完全なバランスが樹立され保たれていること、すなわち図示と抽象との間の相互作用の確立にある」といいます。

私の手持ちの彼の著書『芸術の意味』(みすず書房)と『今日の芸術』(新潮社)などにも、表現は違うがこのようなことを確か述べていたように思います。

20世紀の彫刻界の巨匠ヘンリー・ムーアの作品の一つで、ロンドンの<タイムライフビル>の壁に、大きな抽象彫刻がありました。


デビロック 肩フリル カットソー 長そでTシャツ 120❤️
  『彫刻とはなにか』より


このように建物の壁に石に あたかも刻んだ彫刻物を吊している様に見える造作は、既述のようにロマネスク美術時代の彫刻家が1000年も前に実際に行ってきたことす。

ムーアの意図は、構造上の無装飾な表面のモニュメンタルな効果を減殺することなく、正しい位置にその図柄を掲げることでした。

彼は彫刻物を壁の上に張り付けることによってではなく、壁の中へ彫り込むことによってより大きな効果を達成したのでした。

しかも光が作品を通して見えるように吹きとおしにし、第二の面になる感じを避けました。

彫刻は主要な建築的な面の中に宙吊りにされ、こうして完全に一体化されたのです。

大要 このようにリードは語っています。

私はこのヘンリー・ムーアの作品を、現役時代に毎日会社の玄関で見慣れ親しんできたので、この本を斜め読みしているうちに、ちょっと気になってこの写真に眼がとまったのでした。

それにしても彼の抽象彫刻は魅力的です。

アートの世界は時代、空間また手法は違っても、どこかで同じ効果を与えながら繋がっているのは興味深いことです。


(勝峰昭 執筆:2015年2月21日)




 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 






 ____________________


(次回2022.09.22更新予定)

_______________________ 
 




12世紀パレンシアのSanta María de Beneviere修道院(現在はパレンシア司教座美術館蔵)の日時計。

上部は標準的時計、下部は日中の12時間を刻んだものです。


当時の修道院に必ずしも日時計、砂時計のようなものがあったわけではなく、とくに夜間、鶏の鳴き声やら、星の運行を頼りにしていました。
 
起床の時間、食事の時間、労働の時間など、全ては適切な時刻に」omnia horis conpetentibusという意識が生まれました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回のブログ 時間の始まり で掲載した写真
 “JORNADA DEL MONJE DE SILOS” : 「シロスの修道士の一日」の和訳は以下の通りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









MAITINES     : 朝課(夜明けの祈り)

LAUDES      : 讃課

MISA CONVENTUAL : 修道ミサ

TERCIA  : (聖務日課の)3時課

TRABAJO  : 労働

SEXTA  : (聖務日課の)6時課

NONA  : (午後3時頃に祈る)9時課

VISPERAS  : 晩課

NOCTURNO  : 宵課(夜課)

DESCANSO  : 休息





(勝峰昭 執筆:2013年4月21日)




 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 






 ____________________


(次回2022.09.12更新予定)

_______________________ 
 

修道院はロマネスク美術の宝庫です。

神と直接に対するために、欲望を捨てて清貧、貞潔、従順に身を処し、祈りに生涯を捧げる修道士たちの共同体である修道院。

いわば私たちが住む俗世界とは隔世の感がある彼らの日常生活は、戒律という厳しい箍(たが)が嵌められています。

 


     「シロスの修道士の聖務日課表」  ©KKT

 
私の唯一の修道士の友人(スペイン・ブルゴス州在、世界的に著名なSanto Domingo de Silos大修道院の一修道士)との長年の友情を通じて、おぼろげながら修道士たちの生き方が折に触れ伝わってきます。

彼との交流を通じて感じるのは、ゆったりとした身振り動作のわりには鋭い時間感覚です。

彼らの日常は想像以上に過酷です。



 『聖ベネディクトの戒律』Regula Sancti Benedicti (またはRegula Monachorum)と呼ばれるものは、修道士ベネディクト (480-542)によってモンテカシーノの原初修道院において、530年頃にラテン語で記述されました。

これが後の西ローマ帝国・カール大帝(800年頃)に高く評価され、スペイン・ベネディクト派修道院をも律することになります。

73条からなるその内容は大筋において修道院長のための修道院運営要項のようなものですが、それは修道士たちの生活規範ともなり、各般に亘る細やかな要請は、後の西欧の民衆の生活文化のとくに時間という観念に大きな影響を与えました。

逐一読んでみましたが、厳格な中にも案外思いやりを感じます。


修道院での「時の感覚」というものが初めて導入された意義は大きく、時間に対する新鮮で鋭い意識が伝わってきます。



そもそも「時間」というものは一体何なのか。

時間という固有の概念が存在し得るためには、人間を含め様々な物象に「動き」が なければなりません。

動かないものには、時間という観念は元々あり得ないのです。



当初修道士たちは時の流れというものを意識する人間存在の特異性に気づいて、一日を二つに分けて、夜明けから日没までと日没から夜明けまでと二分したのでした。

この分割の中身を再び12等分して時間毎に24等分しました。

水時計あるいは日時計を 用いて、その中に起床、食事、労働、祈り、典礼的行事、就寝などを大まかに組み込みました。

しかし時がたつにつれて、正確な時間分割の意味が薄れて、時間が各行事の開始時間を決めるのではなく、各行事の始まりが時間を決めるといった逆説的な感覚になっていきます。
 
夜明けが一日の始まりであることは、いつの世もまたどこでも同じです。


(勝峰昭 執筆:2013年9月30日)




 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 






 ____________________


(次回2022.09.02更新予定)

_______________________




 




   Románico 15 (2015) より


711年イベリア半島へのイスラム侵入以降、約800年間にわたるイスラム統治により、イスパニア美術の破壊と同時に優れた文化をもたらすことになりました。

時代は下がりますが、スペイン市民戦争(1936〜1939)によって百万人を超える死傷者が出たことに加え、反カトリック勢力による宗教美術の破壊がありました。

他のヨーロッパ地域とは異なる特殊な事情が、スペインのロマネスク美術を特異なものとしたのです。

・・・・・・・・・・・・・・

ここまで数回にわたり、東京キリスト教神学研究所で2015年に開催された講演会資料から、イスパニア・ロマネスク美術の魅力を時代背景から紹介してきました。


2022年6月12日

2022年6月22日

2022年7月2日

2022年7月12日

2022年7月22日
http://romanico.livedoor.blog/archives/15431907.html

2022年8月2日
http://romanico.livedoor.blog/archives/15937288.html
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スペインの歴史的特殊性はロマネスクだけではなく、その後の時代にも大きな影響をもたらしました。



  Románico 15 (2015) より

現代のロマネスクは経年劣化という危機にも対峙しています。


 

 (勝峰昭 執筆:2015年5月25日)



 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 






 ____________________


(次回2022.08.22更新予定)

____________________

メンズ
コスチューム+ショーツセット(061122)
POP MAX ルフィ ワンピース フィギュア ガレージキット 完成品
UNIQLO ユニクロ おめでトートバッグ ノベルティ 東京
みーの様専用 牛首紬 無地 袷
BMW その為お届けまで5~15営業日程度お時間をいただいております 未使用品ですので商品に問題はございません マジックザギャザリング E46 Struts Front フルールYahoo with 全国送料無料 Sedan 61366円 For Rear 島のカード 海外からの輸送中に外箱に多少の傷や折れが等が生じる場合や 325i Bellows Shocks 店Monroe 本商品は海外拠点に在庫がございます また Kit 新品 0 日本到着時に税関にて開封される場合がございますが
カシー化粧品 ハンドトリートメント 83g
出品者負担 商品の状態新品 未使用商品のサイズ110cm配送料の負担送料込み 画像にてご確認をお願い致します マジックザギャザリング ご理解いただける方お願い致します^ 新品 ^ 柄 未使用品 メーカー催事での購入品のため 首元と左脇腹のタグにsampleの表示があります PUMAキッズトレーナーsize116 購入後は自宅保管です デザイン···プリント 450円 袖丈···長袖 島のカード タグ付き タグにシールを剥がした跡があります ロゴなど 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数1~2日で発送PUMA キッズ トレーナー スウェット size116 colorグレープリーフ 新品
碧薔薇屋[新品]Gold Heart Cluster Pendant, 1.13 CT Round Shaped HI-SI Diamond Studded Lock
1800円 クラブマスターサングラス 島のカード マジックザギャザリング サングラス Ray-Ban Ray 購入者負担 RB3016 CLUB 配送の方法クロネコヤマト発送元の地域東京都発送までの日数2~3日で発送ご覧頂きありがとうございます です サイズ:5121  カラー:鼈甲 付属品:メガネケース 使用する機会がほとんどなかったため出品します レインボウ Ban クラブマスター 分かりにくいですがレンズに傷はありますがほとんどわかりません USED品ですので ご理解頂ける方のみご購入をお願いします 正規店から購入しました 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担着払い MASTER
ADDICTION アディクション ザアイシャドウマット 002M
サイズ 高さ72cm ※梱包時のサイズとなります 奥行 重量 コレクション : 島のカード 商品名 ラッカーカラー プラスト 商品説明 さくらサークルイタリア製デザイナーズプランター イタリア製デザイナーズプランター ダイアモンド72 76458円 Di 高さ 横幅 マジックザギャザリング 幅26cm 商品自体のサイズではございませんのでご注意ください 光沢仕上げ
ネイルシール フット No.525
必ず ボーダーのトレーナーは ペットや喫煙者はおりません 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズ80cm配送料の負担送料込み タグ部分に記名がございますので また 島のカード 出品者負担 トレーナーカーディガン プロフィールをご覧いただき 300円 不明な点はコメント欄にてご質問いただきますよう 自宅保管品 その部分は切ってから発送いたします 汚れや傷等 状態も良く美品商品です わからないことや不明な点はコメント欄にてご連絡ください お願い致します^_^ カーディガンには記名はございません 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域新潟県発送までの日数1~2日で発送 使用頻度は高く使用感がございます その他 ご了承ください ご理解の程購入検討をお願いいたします 即決はもちろん カーディガンは数回程度の使用のため 同じ雑貨屋さんにて購入したのでセット売りで販売いたします 商品の状態につきましては写真にてご確認ください マジックザギャザリング
Aladdin Connector ワイヤレスHDMI
少しずつ回転を加え 測定するワークを両センターで保持し スイング テストバーは付属しておりません センター距離 偏心検査器P形 :110 偏心測定用です シャフト等の曲がり 本体:FC250 lt;ジェットプライスgt; 使用センター:MT−1 奥行 型番:P-3 島のカード 台長 :130 センター距離300mm 幅 JetPriceRKN 表面:塗装 両センター間平行度 :300 ダイヤルゲージにて読み取れます mm 87253円 ダイヤルゲージ :530 高さ 商品説明 P-3 :0.005 :198 マジックザギャザリング 仕様 精密すり合わせにより高精度を保持しています



    Románico 15 (2015) より



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





イベリア半島の中でカタルーニャ地方は特異な地域です。

カタルーニャ・ロマネスク美術は巡礼路様式とは異なり、独自の「多様性の統一」:

すなわち ローマ建築、特に壁画ではビザンチン様式が多く見られ、

外壁や塔などではロンバルディア様式、そしてカロリング様式など、

これらが総合されてカタルーニャ・ロマネスク美術として醸成されていきました。



ここでは、カタルーニャ・ロマネスク三大宝物を紹介します。


◉ リポイのサンタ・マリア・大修道院教会の西正面扉口



 La Basílica del Monestir de Santa María (Ripoll) ©KKT
 

1135年〜1190年に建造されました。
経年劣化が激しく、現在はガラス構造物で囲まれています。

図像的構成は一大叙情詩であり、上層には天国の至福と人類に約束された未来、中間帯には過去と聖書、下部には現在の労働、怪物が最下部となっています。
 

2022年5月22日ブログもご参照ください。



◉ サン・クリメント・デ・タウイの座せる全能の神キリスト像 (MNAC蔵)


 Pantocrator de Sant Climent de Taull

カタルーニャの絵画、特に壁画が異彩を放っているのはカタルーニャ独自の発色手法であり、巡礼路におけるフランコ・ロマネスク絵画の色調を取り入れつつも、イスラム的な異色な特色をあわせもつからです。
 

2021年5月12日ブログもご参照ください。

2021年8月12日ブログでも取り上げています。
教会vs美術館
http://romanico.livedoor.blog/archives/10752393.html





◉ 天地創造のタピストリー (ジロナ大聖堂宝物館蔵)


     Tapíz de Creació (切手)




2006年のこと、静寂のなか11~12世紀に刺繍されたタペストリーは宝物館の一番奥の薄暗いところでまるで浮かんでいるかのようでした。

一千年近くの時間が流れ、かなりくすんで見えました。

真ん中の創造主の周りを創世記の情景が取り囲んでいます。

外側には四人の擬人化された風、太陽と月暦など、、、

そこには長椅子がありました。


(勝峰昭 執筆:2015年5月25日)



 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 


勝峰 昭
光陽出版社
2011-09T




 ____________________


(次回2022.08.12更新予定)

_______________________






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

聖ヤコブのスペイン名がサンティアゴです。

7月25日はスペインでは祝日とな
ります。



  
サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂  ©KKT


サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂ではこの日、

聖人への捧げ物と巨大な香炉ボタフメイロが大きく揺れ動かされて香で満たされます。

 



   
©KKT





   地下祭室 聖ヤコブの聖遺物  ©KKT


イエス・キリストの十二使徒のひとりサンティアゴはエルサレムで殉教しました。


その墓が、伝説によれば813年イベリア半島のガリシア地方で発見されて、重要な聖遺物を崇敬するために巡礼が振興されました。



  
パドロンのサンタ・マリア教会 (ヤコブ到着の図が刻まれています)
   (講談社『サンティアゴ巡礼路』より)




サンティアゴ巡礼路の繁栄と、クリュニー大修道院に端を発して、基本的には多様な美術様式を統一し、画一的なロマネスク様式(聖堂は石造り、平面はラテン・十字形バシリカ方式、三廊式、高さを求めず聖堂内部に暗さをもたらす造形など)が、11〜12世紀にわたって地中海沿岸地方とサンティアゴ巡礼路周辺に展開しました。


巡礼路における盛期ロマネスクのこの教会は19世紀に改修されたものの比較的原型をとどめています↓
 



  
サン・マルティン・デ・フロミスタ教会  ©KKT



   
後陣  ©KKT  (『イスパニア・ロマネスク美術』より)

 

巡礼路を通じてヨーロッパの様々な地域間の交流がなされ、キリスト教ヨーロッパという文化単位の醸成を勢いづけました。





今日の大聖堂は、ロマネスク、ゴシック、バロック、ルネッサンスなどの建築あるいは装飾様式を取り入れた集大成といえます。



 (勝峰昭 執筆:2015年5月25日)



 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 


勝峰 昭
光陽出版社
2011-09T




 ____________________


(次回2022.08.02更新予定)

_______________________










⚪︎ エルサレムで殉教したサンティアゴの遺体は密かに船に乗せられ、スペインの海岸に流れ着きました↓


〈聖ヤコブの亡骸の移送〉 (Museo del Prado, Madrid)
『遠藤周作で読むイエスと十二人の弟子』新潮社より




⚪︎ 右手にい巡礼の杖を持ち、背負う袋にはホタテ貝がついています↓




〈聖ヤコブ〉エル・グレコ (Museo de Santa Cruz de Toledo)

『遠藤周作で読むイエスと十二人の弟子』新潮社より


______________________________




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 
イベリア半島に侵入してきたイスラム軍3万7千人のうち、アラブ人1万8千人、シリア人7千人、ベルベル族1万2千人でした。

こうしてイスラム統治が始まり、8世紀から15世紀までイスパノ・イスラム美術がロマネスク美術に組み込まれて、モサラベ様式とムデハル様式が派生したことを6月のブログで紹介しました。

 

ウマイヤ朝美術が... : 勝峰 昭の「神の美術」あれこれ。 (livedoor.blog)

 


 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ムデハルとは、レコンキスタ(国土回復)の進展とともに、キリスト教徒の支配下にはいった領域に残って居住したイスラム教徒のことをいい、彼らのもたらしたイスラム美術の一部様式をムデハル様式といいます。

 

この様式が12世紀中ごろからロマネスク美術に組み込まれて、とくに聖堂建築の分野では外壁にレンガを用いたので、赤みがかった特異な形相を見せます。

 

建築資材としてのレンガは比較的廉価であったこともこの様式が急速に普及した一因になります。


イスラム教義の単純性、硬直性、徹底性、論理的整合性、そして何よりもその文化の感性的な抽象性は、特に建築の分野において、拡散的、反射的、鉱物的な硬さ、幾何学な文様装飾など独特な様式的特徴につながります。

 

古都トレドのアルフォンソⅥ世(1072-1109)は「三宗教の王」すなわちキリスト教、ユダヤ教、イスラム教徒の王だと自称したほど宗教に対して柔軟な政策をとりました。



 

 

  トレド クリスト・デ・ラ・クルス (旧モスク)




 

 
  トレド サンティアゴ・デル・アラバール教会



レコンキスタで戦う戦士のキリスト教徒たち、
商業、工業、手工業で生計を立てたイスラム教徒たちは人々の生活の基盤をつくり、
ユダヤ教徒たちは金融・財政を担当していました。



カリオン・デ・ロス・コンデスからレオンにいく巡礼路途上のサーグンにいくつかあるムデハル様式の聖堂のひとつ、サン・ティルソ教会は赤褐色のレンガ造りで盲アーチが印象的です。



     サーグン  サン・ティルソ教会


イスラムの征服したイベリア半島の大部分において既存のキリスト教美術はイスパノ化して、他の西欧の国には見られない、多様性を統一したスペイン独自のロマネスク美術として確立されました。



 (勝峰昭 執筆:2015年5月25日)



 
【お知らせ】

勝峰昭著『イスパニア・ロマネスク美術』、『神の美術―イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)は刊行以来、
三省堂書店神保町本店の美術書コーナーでお取り扱いいただいてきましたが、
2022年5月新社屋建設のため移転縮小となることにより、今後はアマゾンだけでの取扱いとなります。


勝峰 昭
光陽出版社
2008-08T


 


勝峰 昭
光陽出版社
2011-09T




 ____________________

FIN

(次回2022.07.22更新予定)

_______________________








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

↑このページのトップヘ